ニキビはつぶすと早く治るというのは本当?

ニキビはつぶすと早く治るというのは本当なのでしょうか。ニキビは、つぶすと跡が残るので、つぶすのはよくないというのが定説です。

しかし、一部では、つぶした方が早く治るという説もささやかれています。結論からいうと、つぶしても問題のない種類のニキビがあるというだけで、基本的にはニキビはつぶさないほうがいいです。

ニキビにはそれぞれ段階があり、初期段階のニキビは、白ニキビです。この状態のニキビは、炎症はなく、皮膚の表面に白いものが浮かび上がっている状態です。

白ニキビの段階であれば、まだアクネ菌は繁殖していないので、つぶしても治る可能性があります。次の段階が黒ニキビで、痛みはなく、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒ずんでいる状態です。

この段階でもまだ炎症は起こっていません。ニキビをつぶしてはいいのは、この白ニキビと黒ニキビだけなのです。ニキビの初期段階である白ニキビと黒ニキビだけがつぶしてもよく、炎症が起きてしまっている赤ニキビや黄ニキビになると、つぶすのはおろか、絶対に触ってはいけません。

そのことをよく覚えておきましょう。赤ニキビや黄ニキビになったときは、とにかく触らないことです。

ニキビが繰り返しできる原因

ニキビが繰り返しできて悩みの種になってしまっていませんか?

ニキビは元々肌に存在する常在菌のアクネ菌が原因で出来てしまうモノではありますが、アクネ菌はごく普通に存在する菌なので、アクネ菌をやっつけさえすればニキビを改善できるという訳ではありません。

大切なのは、皮脂のバランスです。繰り返すニキビに悩まされている時、肌の調子も悪く感じませんか?皮脂が大量に分泌されるとアクネ菌が大活躍をし始めてしまいますが、皮脂を根こそぎ取ってしまうような洗浄成分の強い洗顔で顔を洗うと、皮脂を取り過ぎたことで体が皮脂不足と勘違いし、皮脂を大量に分泌してしまいます。

アクネ菌撃退、皮脂を洗い流す。一見良さそうな洗顔ですが、皮脂の分泌を誘発しニキビを繰り返し作ってしまう原因になるのです。

また皮脂分泌にはストレスや生活環境なども影響を及ぼしますので、正しい洗顔を実施するだけではなく、ストレス発散や食生活、睡眠時間などの総合的な改善を図り、繰り返すニキビにアプローチしていくことで、根本的な解決につながりニキビができにくい肌をも手に入れることが出来るでしょう。